落ち込んだときのあなたを元気づける一言
story 26●FPのコミュニケーションの基本を学ぶためのセミナーで出た!視線恐怖症の私には久々に少し辛かった!川田栄男 21.8.16

  私はプロフィールに書いてあるよにうに対人恐怖症、正確には、視線恐怖症である。

藪のお化けの対処法がわかっているので、別に気にしてはいない!ドモリの人が「自分は

ドモリ」だと人前で言えれば大丈夫である。人の視線つまり見られていることへの恐怖で

ある。だから私は、少しは見るが、人の視線を見ないようにしている。自分が見なけれ

ば、人から見られていると思い緊張することはない。私は「情報集め」が趣味で、電車の

網棚にある新聞を拾って読むのが趣味である。そしてスクラップしている。網棚の新聞

を取るときには、さっと取る。周りの人を見ない⇒見られているという意識を排除して

しまうのである。一度見てから取ろうと思うと、取れなくなる。周りの人と目があった

ら、もう取れない!網棚の新聞は「周りを見ない」で取ることがポイントである。情報集

めの趣味でやっているので、別にホームレスやっているわけではないので、別にはずか

しいとは思わないんだ!いわゆる「確信犯」ってやつだ!いい意味で「居直りか」!


 欧米人は必ず目を見て話すが、日本人はまともに目をみて話すことはまれでないか。

特に女性の目を見つめて話すのは照れくさいョ!

 ヤクザとかが「眼つける」とかいうし、相撲の仕切りで見合って見合ってというときに

は、緊張するんだろうなと思うョ!真剣勝負だもんな!俺みたいな視線恐怖じゃ負け犬で

勝負にならないかも!やな野郎とどうしてもケンカするときには、先輩から自分のメガ

ネはずしちって、にらみつけろといわれたことがある。これ面白い話でしょ!それはと

も角、役者も漫画も「目力」(めじから)大事だ!

 今回のNLPトレーニングで、相手の目の動きチェックする訓練やったのだが、まと

もに相手の目をみなければならないので、久々に少々緊張してくたびれたョ!

 今でも、人付き合いは決してうまくはないが、「自分は対人恐怖症だった」とあえて過

去形でいうことにしている。誰からもよく思われたいと思わない。少数でも理解してく

れる人がいればよい。孤独壁が強く、「自分は自分」だと思っている。群れることがない

。だから協調性はあまりないと自覚している。
 
 とかく人は、自分の価値観・考え方を主張し、相手の価値観・考え方を認めない。相

手に変わってほしかったら、まず自分が変わればいいとよくいわれるが、これがまたむ

ずかしい!相手の価値観に迎合して己の価値観を否定するようで、自分がなくなるよう

で、自分の中で自分が守りたい何かが壊れていくようで淋しいのか、怖いのかもしれな

い。だから相手の価値観・考え方が間違いだと攻撃したくなるのでないか?

 両者の価値観が一致していればそれにこしたことはないが、違っているのが普通であ

る。問題は自分も変わる必要はないし、相手も変わる必要もないということである。コ

ミュニケーションとは、互いの違いを認め合うことである。自分の価値観が大事なよう

に、相手にとっても侵されたくない、守りたい大事なものかも知れない。キリストは言

った「自己を愛するがごとく、汝の隣人を愛せ」と。人を愛するというのは、理解する、

コミュニケーションを取ると考えてよいと思う。

 人間理解の根本は、己を知り、相手を知ろうとすることに尽きると思う。ところが、

人間自分で自分がわかっているようで、わかってないことも多い。カウンセリングの基

本トレーニングにジョハリーの窓というのがある。自分でもわかっているし、他人の評

価も一致している窓、自分から他人を見て気がついた点を率直に指摘する窓。自分では

きがつかないで、他人から指摘され気がついた窓。自分でも気がつかないし、他人にも

きがつかない窓。いってみれば無意識か!人間は意外と自分のことが自分でわかってな

いものなのです。人から指摘されてはじめて気がつくのです。はずかしいことではあり

ません!新しい自分の発見です。DISCOVER SELFです。他人によって、嫌

いな自分に気がつかされたとき、弱点をつかれたとき、逆上して自分を防衛したくな

る。指摘してくれた他人を攻撃したくなるものです。自分で気がつかなかった場合もあ

るでしょうが、気がついていても、認めたくなくて自分をごまかしてきた場合もあるで

しょう、そうした場合、自己を見つめるのは辛いこともあるでしょう!

 そんなとき思い出してください。残ったウイスキーの話です。まだ半分あるとかんが

えるか、もう半分しかないと考えるかです。人間の長所・短所は裏表です。自分の欠点

に気がついたとき、絶望するのでなく、見方変えると、「俺にもこんな長所」にもなりう

るんだと考えることが大事です。考え方の枠組みを再構成することを

「リフレーミング」といいます。心が病んでいるときにこそこうした「心の柔軟性」を持て

るかが大事なんですョ!

 だから、悩んで苦しんでいるひとを理解しようと思ったら、その人の立場にたって、

その人の神経言語タイプ理解した上で、その人の話を聴いて、率直に、相手の欠点を指

摘するも、あなたのいい点はこういうことで、こういう風に考えてみたらという、リフ

レーミングを積極的に提案してあげたらいいのでないでしょうか。ここまでくると、カ

ウンセリングに近いと思いますがネ!

 人間理解というのは、自分から他人を見て、欠点の指摘は相手の感情を刺激するので

むずかしいが、言いにくいことを、相手を傷つけず、批判するのでなく、どれだけ率直

にいえるかである。

 逆に、相手に関心を持ったり、例えば「今日の髪型イイネ!」率直に褒めてあげたりす

ることか。

 その反対に自分できずかない自己の欠点を他人から指摘されたら、どれだけ素直に受

け容れられるかである。批判されたと思い、逆上しないことである。気がつくきっかけ

を与えてくれたことに感謝できるかである。

 人間の価値観・考え方の枠組みフレームワークは、人によってタイプが違う。「同じ人

間だ話せば分かる」では中々むずかしいのである。先ほどのウイスキーが半分残っている

事実を、まだ半分あるととらえるか、もう半分しかないととらえるかで心の持ち方が違

うのである。ことほどさようにに、人間の理解はむずかしいのだ!

 そこで、NLPつまり神経言語心理学⇒人の五感の背景をなす神経論理構造を、どの

感覚器官優位につかうかで、自分のタイプを知るため、次の4つに分類します。

 視覚優位タイプ Visual、聴覚優位タイプAUditory,触覚優位タイプ

Kinesthetic である。言語優位タイプ Auditory Digita



 V:目線は上で、視覚的言語を使う。たとえば、未来は明るい、あの人は輝いてい

る、私のことを正面から見てほしいとか。映像でイメージするのが得意、身振り・手振

りが多く、絵にして覚えるのが得意。見た目に敏感でオシャレ、身なりきちんとしてい

る。視覚⇒瞬間判断⇒話すスピード、動作のテンポ、判断力速い。声のトーンは高い。

 前に乗り出して椅子に座る。呼吸は胸半分でする。体型はやせた筋肉質、座ったり,

立ったりするときに、上体や頭を直立させている。

 A:目線は比較的中間で、左右に動く。独り言をいいながら考えることが多い。言葉

でいうことが大切。言葉を選ぶ。聴覚的言葉をよく使う。例えば、私の心の叫びを聞い

てほしい。あのひととはリズムが合わない。色がうるさい。

 言葉で伝えられたことは簡単にそのまま繰り返せる。明瞭な声でなめらかに話す。騒

音は集中を欠く。音楽や電話で話すのが好き。視覚より、物事認識に時間を要するが、

触覚よりは早い。話すスピード、動作テンポについても同様。

 腕組みする。呼吸は胸の中程でする。片手を耳に当てる動作をする。鶴田浩二はこの

タイプか?耳の横で片手の手のひらをまわす。

 K:目線は下方で、呼吸は胸の下の方でする。腹部が盛り上がったりへこんだりする

のが見える。自分で手を当てたり、体に触れりしながら話す。長く複雑な文を話せる。


体の動きも多い。モノを記憶するとき、紙に書いたり、体うごかしたりする。

 物事得の興味は「感触」「感じ」⇒ふわふわ、肌触りのいいものがすき。話す・動作・判

断すべてゆっくりです。「話の趣旨をつかむ」といった感覚的言葉をよく使う。声は比較

的低めで落ち着いたしゃべり方をする。つまり声のトーンが低い。

 見栄より着心地のよい服を選ぶ、理屈より触合いが大切、感覚的言葉、例えば、話が

つかめないとか、重くのしかかる、よく感じてみてとかである。

 AD:Aタイプにも似ているが目線は下向きで、大きく違うのは、物事の認識が、言

語優位で、理にかなっているかどうかが問題。相手のいっていることが、筋が通ってい

るかに一番の感心がある。常に頭の中に言語がある。落ち着いたしゃべり方をする。

 理解するとか意味といった言葉をよく使い、難しい言葉もよく強いている。長く複雑

な文章も話せる。ADタイプは、同時にV,A,Kの特徴を示すことも多い。(因みに私

は、このタイプで、V,Aも入っているように思う。)


 こうしたNLPもそうだが、「サイグラム」とか「個性学」とかいったものでも、人間の

個性の特徴を分析している。人を理解したり、営業で商売する場合でも、その人に対し

どういう言い方・聴き方のアプローチをすれば、コミュニケーションがうまくいくのか

ということである。そのレベルである。

 NLP等の個性学でわかること:身体的特性や体質、意思決定の仕方、対人滞欧の仕

方、行動パターン、向き。不向き等

 わからないこと:出生・養育の背景,しつけ・育て方の背景、教育・学歴、礼儀作

法、癖・嗜好・趣味(私みたいなバカでスケベで、一人カラオケがスキだなんていうこと

はNLPでも、個性学等でもわかんないョ!残念でした!)

 その人の悩みや、出生の背景や育て方まで関与してくると、正に、パーソナルなこと

であり、カウンセリングの分野である。コミュニケーションスキルの分野を超えてい

る。

参考文献:NLP心理テスト 潟Aントレックス 監修 潟Eイキャン代表 NLPトレーナー 杉山 清著、潟Cンブロビック Psygram 基礎講座パンフレットより、米国NLP協会認定マスタープラテイックショナー広木智代氏資料より。
HOME
以下のフォームから自分の投稿記事を削除できます
■記事No ■削除キー